競馬というのは公営ギャンブルの一つであり、それをする人を事業者と呼ぶようなことではないです。
つまりは、あくまでギャンブルで利益を出している人でもそれはギャンブラーということになるわけであまり誇ることができるようなことではない、というのは間違いないです。またそれなりに勝率が高かったとしてもそんなに大きく勝つことができるとかアドバンテージで平均以上に勝つことができるというわけでもなかったりしたので、あくまで趣味としてのギャンブルでやっている人が多かったわけです。
しかし、最近ではそれが変わりつつあります。それが投資競馬です。好きな馬だからかけるとか儲かりそうだからかけるといったようなやり方ではなく、勝つための競馬というのが最近ではそれなりに出来るようになってきているわけです。
投資競馬はそんなに簡単なことではないですができるようになったことの理由にコンピューターがあります。膨大なデータが競馬には存在しているのですがそれらを入力してそれらを分析してもらって出たデータを参考に行うということが出来るわけです。
ここで注意しなければならないのが投資競馬会社というのがあったりしてツールとかソフトなどを提供しているということがあるのですが、そうではなくて絶対に勝つ方法を教えるとかそうしたことをやっている会社もありますが、これは明確に投資競馬とは違うことになりますから注意しておきましょう。
投資競馬はあくまでデータに基づいて、しっかりとしたAIなどによって投資のような形で収益を狙っていくというやり方になります。
それこそ、場合によっては自動売買すら導入する人もいます。そうしたやり方によって、確率の高いというやり方になります。そもそもギャンブルでそんなことができるのかと思ってしまうかもしれませんが膨大な血統のデータとかレースのデータ、ジョッキーのデータに至るまでさまざまなデータを大量に入力しておいているものを分析をすることになります。
もちろん、オッズとの兼ね合いもあることでしょう。
常に買い目があるわけではない、ということにはなりますが、競馬自体、日本で一つのところでしかやっているというわけではありません。
よく情報を吟味して勝てるときだけ馬券を買うというのが投資競馬になります。
もちろん、これは別に絶対に当たるわけではないです。
その可能性を極めて高くすることができる、ということに投資と言う言葉を用いているわけです。